国産マウスパッド『Artisan ゼロ』Qckとの比較レビュー。

AIMが悪いから物から解決したいな!

「そうだ、マウスパッドを買おう。」

つよくなるためにいがいとひつよう、マウスパッド。

マウスパッド買いました

Artisan NINJA FX ゼロ(零)のSoft, Sを買いました。

SteelSeries Qck miniからの乗り換えです。

Q.なぜマウスパッドを変えたの?

A.あまりお金をかけずにゲームで強くなりたかったから。

ゲーミングマウスや高めのキーボードだと高いもので10000円とか20000円とか…

でもこのマウスパッド2000円くらいで買えます。

だから手軽に強くなりたいと思って買いました。

Qckとの比較 どっちを買えばいいの?

比較していきます、結論から言うとゼロに乗り換えてよかったと思ってます。

まずは手で触ってみます。

最初に感じたのが、Qckよりもゼロのほうがマウスパッドを押したときの沈み込みが深いです。

後は、表面のざらざらが手に優しくていい感じですね。

他に良かったことといえばマウスパッドの端っこ。

Qckだと端っこが削れてしまったりしたのですが、

ArtisanのNINJA FX seriesはロック縫製というものになっているらしく、丈夫なのが本当にうれしいです。

上の写真は1年ほど使用したものですが、端っこが削れていないのがわかると思います。

肝心の使用感ですが、よく滑り、よく止まる。

どうやらゼロはQckに似せた製品らしく、私はQckの上位互換だと感じました。

ほとんど同じ値段ですしね!

Qckの独特のにおいもなく快適です。

買うならゼロですね。

AIMが良くなるよ!

サイズやスポンジの硬さはどう選べばいいの?

大きさの順はこんな感じ

S<M<L<XL

私はウルトラハイセンシなのでSを購入しましたが、多くの人がMやLを選ぶと思います。

自分に合ったものを選ぶのが一番ですね。

ちなみにQckのminiよりもゼロのSのほうが少し大きいです。

かたさの順はこんな感じ(左に行くほど固い)

Mid>Soft>XSoft

私はSoftを購入しました。

基本的に柔らかければ柔らかいほどよく止まります。

Qckとの比較にも書きましたが、ゼロのSoftはQckよりも柔らかい。

なので、XSoftは少し私には柔らかすぎました。

ローセンシの方は大きくてかたいマウスパッドが合うかもしれません。

なんでゼロにしたの?

Qckと似ていたから。

乗り換えて自分に合わなかったら嫌だったので、とりあえずゼロを買ってみた感じです。

とにかく滑るマウスパッドが欲しいならシデンカイ。

一番売れてるの買いたいならヒエン。

是非店頭などで試して、自分に合ったマウスパッドを探してみてください。

零おすすめだよ!

Artisanのマウスパッド種類が多すぎてわかりにくいのはありますが、どれも素晴らしいマウスパッドです。

よくわからなかったらとりあえず零を買ってみることをお勧めします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました