ゲームとかでよく見る垂直同期って何?必要なの?

ゲームの設定に存在する謎の項目、垂直同期。

一体何なのかを解説します。

そもそも垂直同期って?

※「V-SYNC」とも表記されることもあります

垂直同期とは簡単に言えばモニターのリフレッシュレートとゲーム内の最大フレームレートを同じにする機能です。

もっと簡単に言えば、FPSをモニターが描画できる最高枚数までに設定するということ。

モニターのリフレッシュレートについて

モニターにはリフレッシュレートというものが存在します。

リフレッシュレートとはモニターが1秒間に更新できる最大枚数を表します。

リフレッシュレートが60Hzの場合、1秒間に最大で60回画面を切り替えることが出来るという訳です。

このことから、モニターのリフレッシュレート以上のfpsをゲームで叩きだしても、実際に見ている画面はモニターのリフレッシュレート以上にはならないという訳です。

 結論

「じゃあONにすればええやん!」「ONのほうが負荷減るんじゃね?」

確かに負荷は減ると思います。必要以上に描画しようとしませんからね。

ただ安定しなくなります。

その上、リフレッシュレートよりも少し高めのfpsで維持することも安定性の面で言えば有効です。

結論としては、垂直同期は基本OFF

「Rainbow Six Siege」や「Apex Legends」等のFPSだとなおさらです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました