ゲーム攻略

ゲームでよく見る垂直同期とは|最適な設定と遅延について解説

Apex Legends』などのFPSや『原神』等、ゲームの設定よくに存在する項目、垂直同期。

役割ONにするべきか、OFFにするべきかを、文字では詳しく、画像ではわかりやすく解説します。
FreeSync』、『G-SYNC』についても解説します。

Sponsored

垂直同期とは

垂直同期(V-SYNC)とは、モニターのリフレッシュレート[Hz](垂直走査周波数)と
ゲームの最大フレームレート[fps]を同期、つまり同じにする機能です。

言い換えると、ゲーム内のfpsの上限値を、モニターの最高性能までに設定するということです。

リフレッシュレートとはモニターが1秒間に更新できる最大の回数を表します。

リフレッシュレートが60Hzの場合、1秒間に最大60回画像を切り替えることができます。

映像は画像を素早く切り替えることで表現しています。
素早く切り替わる方がなめらかに映ります。

実際には245fps程度で描画できる性能がありますが、垂直同期を有効にした場合は
モニターのリフレッシュレート(画像では165Hz)の数値までに制限されているのがわかります。

役割

GPUの性能がモニターのリフレッシュレートを大きく上回った時に発生する、
ティアリング(左右に引き裂かれたような描画)を防ぐための機能です。
描画途中の画像をディスプレイに表示してしまうことが原因です。

Sponsored

垂直同期のデメリット

垂直同期のデメリットについて解説していきます。

遅延

ゲームの天敵、遅延です。

ゲームで重いシーンに入り、fpsがリフレッシュレートを超えられなくなった場合は、
遅延が通常時の二倍になってしまいます。

具体的にどれくらい発生するか

全てfpsがリフレッシュレートより小さく、半分の値より大きくなった場合です。

60Hzモニターの場合

遅延は約16.7ms(0.017秒)

最後の表示から約16.7ms(0.017秒)後に表示されるはずだったシーンが、
約33.3ms(0.033秒)後に表示されます。

165Hzモニターの場合

遅延は約6.0ms(0.006秒)

最後の表示から約6.0ms(0.006秒)後に表示されるはずだったシーンが、
約12.1ms(0.012秒)後に表示されます。

Sponsored

遅延が発生する原因

スタッタリングが発生してしまうからです。

スタッタリングとは、モニターのリフレッシュレートよりも、
ゲーム内のfpsが低くなったときに発生するカクツキです。

人が密集する地帯で発生しやすく、フレーム(モニターに表示される画像)の生成が追い付かずに、
画面を更新できず、プレイヤーは一瞬固まったように感じてしまいます。

60Hzのモニター50fpsが出ている場合、見ている画面は30fpsのものになります。

戦闘シーンではほとんどのゲームで負荷が増加するので、
スタッタリングが起きやすくなってしまいます。

解決策

FreeSyncとG-SYNC

FreeSyncG-SYNCという技術が役に立ちます。

これらは、GPUが描画を終えたタイミングでディスプレイが画面を更新する技術です。
(可変リフレッシュレート)

fpsに合わせてリフレッシュレートが変化

垂直同期リフレッシュレートに合わせてゲームの上限fpsを設定するのに対し、
これらの技術
fpsに合わせてリフレッシュレートを変化させます。

ゲーム内で50fps出ているときは、リフレッシュレートは50Hzになり、
見ている画面も50fpsのものになります。

ティアリングとスタッタリングの両方を防ぐことが出来る技術です。
対応機器の場合はオンにしておきましょう。
もちろん垂直同期はオフです。

対応している機器があれば有効にすることが出来ます。

モニターの性能も重視しよう

PCの性能だけではなく、モニターの性能も重視しましょう。

私はFreeSync, G-SYNCに対応し、リフレッシュレートが165Hzのモニターを使用しています。
普段用途にも使えることを意識して選びました。

 結論

結論としては、垂直同期は基本OFF
FreeSyncG-SYNCON

スタッタリングは負荷の大きい撃ち合っているときに起きやすく、
かなり不利になってしまうからです。

「Apex Legends」や「Valorant」、「Overwatch」等のFPSだとなおさらです。

ティアリングが気になるときにONを試してみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponsored
Follow me!
Sponsored
なにしらどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました