ゲームでよく見る垂直同期の役割と意味。オン?オフ?

スポンサーリンク

ゲームの設定に存在する謎の項目、垂直同期。

一体何なのかを解説します。

そもそも垂直同期って?

「V-SYNC」とも表記されることもあります。

垂直同期とは、モニターのリフレッシュレート(垂直走査周波数)とゲーム内の最大フレームレートを同期し、同じにする機能です。

もっと簡単に言えば、ゲーム内のfpsの上限値を、モニターが1秒間に描画できる最高枚数までに設定するということです。

これは、GPUの性能がモニターのリフレッシュレートを大きく上回った時に発生する、ティアリング(左右にずれた描画)を防ぐための機能です。

垂直同期のデメリット

では垂直同期のデメリットとは何なのでしょうか。

それはスタッタリングが発生してしまうことです。

スタッタリングとは、モニターのリフレッシュレートよりも、ゲーム内のfpsが低くなったときに発生するカクツキです。

人が密集する地帯で発生しやすく、フレームの生成が追い付かずに2回同じ画面を表示してしまうことで、プレイヤーは一瞬固まったように感じてしまいます。

それらを防ぐには?

FreeSyncやG-SYNCという技術が役に立ちます。

対応している機器があれば有効にすることが出来ます。

垂直同期はモニターのリフレッシュレートに合わせてゲーム内の上限fpsを設定するのに対し、
これらの技術は、ゲーム内のfpsに合わせてモニターのリフレッシュレートを変化させます。

ティアリングとスタッタリングの両方を防ぐことが出来る技術なのです。

モニターのリフレッシュレート

モニターにはリフレッシュレートというものが存在します。

リフレッシュレートとはモニターが1秒間に更新できる最大の回数を表します。

リフレッシュレートが60Hzの場合、1秒間に最大で60回画面を切り替わる映像を表示することが出来るという訳です。

PCの性能が良くゲーム内で120fpsが出せているとします。
モニターのリフレッシュレートが60Hzの場合、実際に見ている画面は最大でも60fpsの画面ということです。

高いリフレッシュレートのモニターを買おう

もちろん60fpsよりも120fpsのほうが有利です。

PCの性能だけではなく、モニターの性能も重視しましょう。

私の使用しているこちらのモニターはFreeSync, G-SYNCに対応し、リフレッシュレートは165Hzです。

 結論

結論としては、FPSの場合垂直同期は基本OFF

スタッタリングは負荷の大きい撃ち合っているときに起きやすく、
かなり不利になってしまうからです。

「Rainbow Six Siege」や「Apex Legends」等だとなおさらです。

ティアリングが気になるときはONにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました