Apex Legendsで初心者が意識すべきこと。

スポンサーリンク

こんにちはとらいろです。

Apex Legendsたのしいです。

今回はApex Legendsでちゃんぽんをおいしく食すためのコツを紹介していきます。圧倒的成長!

主にブロンズ・シルバー帯向けです。

AIMは練習、立ち回りは知識

AIM練習について

射撃訓練場で練習していますか?

まずはダミーを撃って練習しましょう。

当たらなければただの音のなるゴミです。

単発武器でない場合は、

①ADS(覗き込み)した状態で壁に向かって撃つ。

この時リコイルコントロールはしなくていいです。

②弾痕を見てリコイルコントロールをどのようにすればよいか理解する。

③ダミーに全弾当たるように練習する。

④遠くにある動く的を狙い、同じ場所に当て続けるように練習する。

はじめはダミーの近くで、当たるようになってきたら徐々に距離を取っていきましょう。

単発武器はやはり他の人を呼んで撃ち合うのがおすすめです。相手の動きを予測しつつ落ち着いて撃ちましょう。

ウィングマンで敵が近い距離にいる場合は、撃ちまくらずに当たる確信のあるときだけ撃つのがおすすめです。

立ち回りを頭に叩き込もう

立ち回りは知識として持っておけば役に立ちます。うまく利用できるかです。

なによりも”死なない”立ち回りを心がけましょう。

自分が”使える”武器を見つける

強い武器でも当たらなければ空砲です。

リコイルコントロールをあまり必要としない武器や、1マガジンで長く戦える武器等々。

ADS(銃を覗き込む)とほとんどの武器で移動速度が低下し、弾を当てられやすくなります。

その点ではSMGピストルショットガンは有効です。

私はR301, ボルトSMG, スピットファイア, マスティフ, EVA-8をお勧めします。

自分の使うレジェンドを決める

おすすめはやっぱりブラッドハウンドです。

アビリティが単純でわかりやすいです。

ただ撃ち合いは弱いので慣れてきたら他のキャラを使うのもありです。

遮蔽物を利用し、欲張りすぎない

使う武器、レジェンドが決まったら撃ち合いの基本です。

遮蔽物のそばで撃ち合うようにしましょう。

このゲームはFortniteと違い、自分で遮蔽物を作ることが出来ません。

すぐに遮蔽物に身を隠し、射線を切ることが出来る場所で撃ち合わないとダウンしてしまいます。

敵を打ち、射線を切る。この繰り返しでHP的に有利な状況にもっていきましょう。

この時の注意点として、欲張って隠れることを忘れないこと。

相手をダウンさせることが出来れば有利になりますが、逆にダウンさせられないように。

ダウンさえしなければ、回復してもう一度撃ち合うことが出来ますからね。

レレレ撃ちの徹底

弾をよけやすく、体力も多く、長期の撃ち合いになりやすいゲームであるため、レレレ撃ちをすることは重要です。

撃ち合うことに夢中で忘れてしまいがちなので、レレレ撃ちを徹底しましょう。

レレレ撃ちの注意点としては、左右移動を速く切り替えすぎるとあまり意味がないので注意です。

人数不利にならないように

もし自分が戦っているときに、味方が遠く離れていたり、

ずっとアイテムを漁っていたりしたらイライラしませんか?

これは、自分が早く突っ込んでしまっているだけだったり、

自分自身がアイテムをずっと漁っている側かもしれません。(武器が無いなどの場合は仕方ないですが)

Apexは人数の有利不利が大きく出るゲームです。

もし自分が戦いに行く場合はピンを指すなどして味方とのタイミングを合わせましょう。

自分1人で突っ込むのも、味方に戦闘を任せっきりにするのもダメです。

時間がかかりすぎる裏取りはしない

相手の裏を取ることが出来れば、大抵の場合撃ち勝つことが出来ますが、

裏を取るのに時間がかかる場合は、しないほうが良いです。

移動中は戦力が1人分欠けているわけですから当たり前ですね。

ただ、裏を取らずとも横を取ることで撃ち合いを有利に進めることが出来る場合があります。

パスファインダーは小柄とヒットボックスの関係上、打たれ弱いです。(小柄なのにヒットボックスが大きいとはこれ如何に)

なので、戦術アビリティ「グラップリングフック」を使用し素早く敵の横に移動します。(この時も遮蔽物を意識!)

すると敵を一方的に撃つことが出来るでしょう。

1人ダウンさせてしまえば、人数有利です。

詰めるなりして敵部隊を壊滅させましょう。

ただデメリットもあり、詰めるときにアビリティを使ってしまうと引くときには大体使えません。

上手く状況を見極めましょう。

ホライゾンの場合は、味方と少し離れた位置でグラビティリフト等を使用して、
別の射線を作ることが大切です。

グラビティリフトを使うことで弾も避けやすく、敵の注目も集めることが出来ます。

最適なスコープを考える

基本的には、SMGには1倍、ARには2倍,3倍をつけるのがおすすめです。

倍率の高いスコープは近くの敵を狙いにくく、逆に遠くの距離を狙いやすいです。

なのでSMGは近くの敵を狙うことの多いSMGには1倍がおすすめです。

この限りではないので、自分が当てやすいと感じるスコープを見つけ、持つようにしてください。

マップを確認しよう

マップ、画面の左上にあるミニマップを見ていますか?

味方の位置や置いたガス、リングの位置と安置やピン等沢山の情報を得ることができます。

最低限、リングの位置と安置、味方の位置は確認するようにしましょう。

味方の位置とリングの状況を見て、詰めるタイミングや引くタイミングを合わせられるようにしましょう。

リングに呑まれて死ぬことが多い人は特に気を付けましょう。

武器の特長・腰打ちを覚えよう

敵が近ければ、覗かずに撃った方が良い場合があります。(腰打ち)

なぜ覗かずに撃った方が良いのかというと、

ADS時(スコープを覗いたとき)の移動速度が低下してしまうからです。

移動速度が遅くなるとその分敵に弾を当てられます。

覗かずに敵に弾を多く命中させられる距離であれば、覗かずにレレレしたほうが良いでしょう。

覗いたほうが良い武器もある

たとえ敵がすぐ近くにいても、覗いたほうが良い武器があります。

マスティフショットガンはそのうちの1つです。

ショットガンは集弾率が重要のため、腰打ち精度の悪い武器だとあまりダメージが入りません。

なので、撃つ直前に覗くのがおすすめです。

移動速度と集弾率の両立ですね。

理想のバッグパックの中身を決める

バッグパックに適当に物を詰め込んでいると、弾が足りない!回復が足りない!

といった事態に陥りやすいです。

なので、理想のバッグパックの中身を決めておき、それに近づけるように整理するのが良いでしょう。

回復と弾が尽きないように意識しましょう。

SMGとSMGの構成なら、弾がバッグを圧迫してしまうでしょう。
逆にウィングマンとマスティフの構成なら、弾は少なく済みます。

また、SRを持つ場合はシールド回復系のアイテムを多く持つことをお勧めします。

武器や使用レジェンドによって臨機応変に対応しましょう。

おすすめのバックパック構成を書いておきます。

SMG,AR 4,5枠
SG 1,2枠
SR 3,4枠
セル 1-4枠
バッテリー 2-枠
注射器 1枠
医療キット 1枠
グレ 2枠

ホライゾンはグレ多め。バッテリーは多いほうが良い。クラフトを意識。

余裕があれば確殺。なければしない。

確殺にはメリットが沢山あります。

1.ダウンした敵にピンを刺させない。

2.敵、特にライフラインに蘇生させない。

3.敵の着ていたアーマーに着替えることが出来る。

3は特に重要です。
敵チームも着替えることはできますが、バナーを拾ってしまう影響でこちら側が有利です。

逆に余裕が無ければ確殺はしないほうが良いです。

リロードタイミングで詰められると不利です。

デバイスでブースト

金の力に頼りましょう。

私の環境を置いておきます。

G502RGBh(r)。他ボタンでまあまあ安い。無線版もある(高いけど)。

零のSOFT S。ハイセンシだからS。

WQHD, IPS, 1ms, 165Hz ゲームだけなら安い23.8inch版もあり。

ゲーミングヘッドホンなんて買ってないでモニターヘッドホン買いましょう。定位感が違う。

キーボードはなんでもいいです。同時押しが出来るやつがいいけど、
別に全キー同時に押すことなんてないから安いので大丈夫だと思います。

立ち回りを覚えて圧倒的成長

立ち回りを覚えて圧倒的成長!

敵から見て自分はどういった立ち回りをしているかを考えるのも有効です。

こんなブログなんか読まずに上手い人のプレイを見るのがもっと良いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

良いApexライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました