Apex Legendsで初心者が意識すべきこと。

こんにちはとらいろです。

Apex Legendsたのしいです。

今回はApex Legendsでちゃんぽんをおいしく食すためのコツを紹介していきます。圧倒的成長!

主にブロンズ・シルバー帯向けです。

上級者は逆に私に教えてください。

AIMは練習、立ち回りは知識

AIM練習について

射撃訓練場で練習していますか?

まずはダミーを撃って練習しましょう。

当たらなければただの音のなるゴミです。空に向かって撃つものでもないです。

単発武器出ない場合

①ADS(覗き込み)した状態で壁に向かって撃つ。

この時リコイルコントロールはしなくていいです。

②弾痕を見てリコイルコントロールをどのようにすればよいか理解する。

③ダミーのヘッドに全弾当たるように練習する。

はじめはダミーの近くで、当たるようになってきたら徐々に距離を取っていきましょう。ソーシャルディスタンス!

単発武器はダミー人形と看板?を交互に打つなどするのがおすすめです。

立ち回りを頭に叩き込もう

立ち回りは知識として持っておけば役に立ちます。うまく利用できるかです。

死なない立ち回りを心がけましょう。

自分が”使える”武器を見つける

強い武器でも当たらなければ空砲です。

リコイルコントロールをあまり必要としない武器や、1マガジンで長く戦える武器等々。

あとは腰打ち精度の良い武器ですね。

ADSしている状態よりか、していない状態のほうが移動速度が高いので、

こっちの弾が当たらなくても向こうの弾をよけやすいです。

これらに当てはまるのはスピットファイアやヘムロックでしょうか。

自分の使うレジェンドを決める

初心者にブラッドハウンドを勧める人がいますが、私はお勧めしません。

ブラッドハウンドのアビリティは敵の位置を特定することが出来ますが、

逆に特定されてしまう場合があります。適当にアビリティ放ってたら位置ばれします。

敵からしたら、橙色のぼわっってしたなんかあの膜みたいなやつが迫ってくる方向にブラッドハウンドがいるとわかります。

アビリティの検知範囲外から一方的にその膜みたいなやつを見られることもあります。

私のおすすめはジブラルタルです。

アビリティがシールド、アルティメットが爆撃とすごく単純でわかりやすいです。

シールドは味方を起こしやすいですし、パッシブのガンシールドは普通に強いです。

撃ち合いの勝率が上がると思います。

恐らくプレイ中は必死でアビリティやアルティメットの存在を忘れてしまうと思いますが、

レイスでポータルを張らなきゃ!みたいなプレッシャーを感じることも少ないでしょう。

遮蔽物を利用し、欲張りすぎない

使う武器、レジェンドが決まったら撃ち合いの基本です。

遮蔽物のそばで撃ち合うようにしましょう。

すぐに遮蔽物に身を隠し、射線を切ることが出来ます。

敵を打ち、射線を切る。この繰り返しでHP的に有利な状況にもっていきましょう。

この時の注意点として、欲張って隠れることを忘れないこと。

相手をダウンさせることが出来れば有利になりますが、逆にダウンさせられないように。

ダウンさえしなければ、回復してもう一度撃ち合うことが出来ますからね。

人数不利にならないように

もし自分が戦っているときに、味方が遠く離れていたり、

ずっとアイテムを漁っていたりしたらイライラしませんか?

これは、自分が早く突っ込んでしまっているだけだったり、

自分自身がアイテムをずっと漁っている側かもしれません。(武器が無いなどの場合は仕方ないですが)

Apexは人数の有利不利が大きく出るゲームです。

もし自分が戦いに行く場合はピンを指すなどして味方とのタイミングを合わせましょう。

自分1人で突っ込むのも、味方に戦闘を任せっきりにするのもダメです。

時間がかかりすぎる裏取りはしない

相手の裏を取ることが出来れば、大抵の場合撃ち勝つことが出来ますが、

裏を取るのに時間がかかる場合は、しないほうが良いです。

移動中は戦力が1人分欠けているわけですから当たり前ですね。

ただ、裏を取らずとも横を取ることで撃ち合いを有利に進めることが出来る場合があります。

パスファインダーは小柄とヒットボックスの関係上、打たれ弱いです。(小柄なのにヒットボックスが大きいとはこれ如何に)

なので、戦術アビリティ「グラップリングフック」を使用し素早く敵の横に移動します。(この時も遮蔽物を意識!)

すると敵を一方的に撃つことが出来るでしょう。

1人ダウンさせてしまえば、人数有利です。

詰めるなりして敵部隊を壊滅させましょう。

ただデメリットもあって、詰めるときにアビリティを使ってしまうと引くときには大体使えません。

上手く状況を見極めましょう。

紫のスコープのほうが強いという訳ではない

めちゃくちゃ当たり前ですね。

HCOGのスコープには1,2,3倍のスコープがあります。

それぞれレアリティは白、青、紫ですが、紫のスコープが最強!という訳ではないです。

当然倍率が高くなるほど、近くの敵は覗いて撃っても当たりにくくなりますし、

覗き込みが終わるまでの時間も長くなります。(1倍はスッって覗き込むけど3倍はヌゥゥッって感じ

なので私は大体のARには3倍スコープをつけません。

だって当たらないんだもん。

基本的には、SMGには1倍ARには2倍をつけるのがおすすめです。

ただG7スカウト、フラットライン、ヘムロックは3倍(単発撃ちができるため)、ボルトSMGは2倍のほうが良いかもしれません。(ここら辺は好み)

自分が当てやすいと感じるスコープを見つけ、持つようにしてください。

マップを確認しよう

マップ、画面の左上にあるミニマップを見ていますか?

味方の位置や置いたガス、リングの位置と安置やピン等沢山の情報を得ることができます。

最低限、リングの位置と安置、味方の位置は確認するようにしましょう。

味方の位置とリングの状況を見て、詰めるタイミングや引くタイミングを合わせられるようにしましょう。

リングに呑まれて死ぬことが多い人は特に気を付けましょう。

武器の特長・腰打ちを覚えよう

シーズン6ではケアパケ武器となったR-99、敵が目の前にいるときもスコープを覗いて撃っていませんか?

敵が近ければ、覗かずに撃った方が良い場合があります。(腰打ち)

なぜ覗かずに撃った方が良いのかというと、

スコープを覗いたとき移動速度が遅くなってしまうからです。

移動速度が遅くなるとその分敵に弾を当てられます。

覗かずに敵に弾を多く命中させられる距離であれば、覗かないほうが良いでしょう。

覗いたほうが良い武器もある

たとえ敵がすぐ近くにいても、覗いたほうが良い武器があります。

マスティフショットガンはそのうちの1つです。

ショットガンは集弾率が重要のため、腰打ちだとあまりダメージが入りません。

なので、撃つ直前に覗くのがおすすめです。

移動速度と集弾率の両立ですね。

理想のバッグパックの中身を決める

バッグパックに適当に物を詰め込んでいると、弾が足りない!回復が足りない!

といった事態に陥りやすいです。

なので、理想のバッグパックの中身を決めておき、それに近づけるように整理するのが良いでしょう。

回復と弾が尽きないように意識しましょう。

SMGとSMGの構成なら、弾がバッグを圧迫してしまうでしょう。
逆にウィングマンとマスティフの構成なら、弾は少なく済みます。

また、SRを持つ場合はシールド回復系のアイテムを多く持つことをお勧めします。

武器や使用レジェンドによって臨機応変に対応しましょう。

確殺・フィニッシャーガチ勢にならない

敵をダウンさせただけではキルポイントが入りません。

しかし、ダウンした敵を片っ端から確殺していくのはやめましょう。

確殺してる時間あったら戦ったほうが良い場合が多いです。

どうせ部隊壊滅させればキルポイント入りますから。

ただ、確殺はデメリットばかりではありません。

倒した敵が来ていたアーマーの耐久値はMAXになっているので、

アーマーを入手し、すぐに戦線復帰することができます。

ダウンした敵にピンを刺されません。

ライフラインがいてもすぐに救助されることがありません。

ダウンした敵の処理方法

ダウンした敵にはテルミットグレネードが有効です。

ノックダウンシールドの影響を受けることなく高温の炎で焼いてしまいましょう。

立ち回りを覚えて圧倒的成長

立ち回りを覚えて圧倒的成長!

敵から見て自分はどういった立ち回りをしているかを考えるのも有効です。

こんなブログなんか読まずに上手い人のプレイを見るのがもっと良いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

良いApexライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました