キーボードにテンキー、いる?いらない?

ガジェット

キーボードーにテンキーは必要?不要?メリットとデメリットについて書いていきます。

私はテンキーがついているタイプを使用しています。(本当はテンキーレスが良かった

スポンサーリンク

まずはテンキーがある場合のメリットから

数字を沢山打つ時に素早く打てる

当たり前ですが

ほんとに早く打てます。慣れれば爆速です。

事務作業や経理担当の方など数字を沢山打つ機会のある人にお勧めですね。

そしてデメリット

スペースがとられる

雑コラ

2枚目の写真は、テンキー有りの場合と、テンキーなしの場合のマウスの位置を表しています。

テンキーなしの場合は、左のマウス。

テンキー有りの場合は右のマウスを使うと考えてください。

テンキーを使用した場合、スペースを取られ机を広く使えない上、

キーボードからマウスまでの手の移動距離が長くなってしまいます。

これが一番のデメリットだと思います。

テンキーレスタイプと比べて値段が高いことが多い

誤差の範囲です。

値段はあまり気にせずに自分が欲しいほうを買えばいいと思います。

キーボードを打つ時に体が傾く

キーボードとマウスを横並びに置いた場合、

キーボードを操作するときに体が傾いてしまいます。

いちいち文字を打つ時に体を傾けるのはめんどくさいです。

姿勢的にも問題ありかなと。腰痛に気を付けよう!

テンキーを打つ時はホームポジションから指が離れる

数字を打つ時にいちいちテンキーを使っていたら時間がかかります。

数字自体を打つのは速いですが、数字を打つまでに時間がかかってしまいますね。

どっちがおすすめ?

メリットとデメリットの数から察したと思いますが、

テンキーレスがおすすめです。

いくらテンキーが便利でも、デメリットが多すぎます。

プログラミングする人もテンキーのあるタイプを使っている人は少ないと思います。

ホームポジションに近い数字キーがあるのですから、それを使えばよいのです。

外付けテンキーという選択肢

「数字沢山打つからテンキー使いたい!」

「でも腰痛持ちだし、キーボードもマウスもよく使う!」

外付けテンキーを左側に置くと・・・

クソコラ

こうすると、キーボードからマウスまでの距離が短いままでテンキーを使用することができますね!

机の横幅が厳しいなら、キーボードと並列になるように外付けテンキーを置くのもいいかも。

皆さんも自分に合ったタイプのキーボードを考えてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました