Oculus Quest 2用のカウンターウェイトを自作してみる。

ほぼ必須ともいえるカウンターウェイトを
100均とかモバイルバッテリーとかを活用して自作してみます。

快適になるので騙されたと思って試してみてね。

ダイソーで売ってたウェイトをつけてみる

ダイソーにサンドウェイト250gが売っていたので買いました。
エクササイズコーナー的なところで150円。

お好みの方法で固定すると簡単にカウンターウェイトが完成します。

メリットは
・簡単である
・安い
・枕になる
です。

モバイルバッテリーを使用してウェイトを作る

今回の場合は”自作”なので裁縫をしていますが、
ダイソー等にケースやケースを固定するグッズが売っていますので、
めんどくさかったらそれらを活用してください。

完成図

モバイルバッテリー・ケーブルを用意する

家にあるものでも構いません。

250g前後で、出力もそこそこ大きいものがおすすめです。

今回使用してるモバイルバッテリーはこちらです。

が、パススルー充電に対応しているものがおすすめです。

パススルー充電とは、給電されながら充電できる機能のこと。
モバイルバッテリーとHMD両方のバッテリーが切れてしまった時にすごく便利です。
少し重いですがこのモバイルバッテリーが対応しています。

ケーブルも大きな出力に対応しているものを。L字型だとすっきりする。
Quest2側はUSB-C端子です。

50cmのものを買ったらぴったりでした。

モバイルバッテリーをケースに入れる

布を適当に縫ってケースを作ります。
モバイルバッテリーを端子の位置を確認し、
穴をあけておくことを忘れないようにしましょう。

雑!!!

ケース作るのめんどくせえ!って方はデジカメケースでも買ってください。

固定用のわっかを作る

ゴムを使用してください。

少し短めに切って、HMDのゴムバンドの隙間に通します

適当に縫ったら完成です。


こちらもめんどくさいって方は売ってるマジックテープやゴム製のわっかを購入してください。

わっかにケースを通す

通す前に縫い目を後ろのほうに隠しておきましょう。

これで完成です。

ゴムを少し短めに切っているので、ジャンプしたりしても外れませんでした。

また、わっかをつけておくと、ダイソーのウェイトも固定することができます。

ケースを作るメリットは、
寝転がるときに簡単にモバイルバッテリーを取り出すことが出来る点ですね。

まとめ

カウンターウェイトは正直必須なので是非付けてください。

カウンターウェイトで負担が軽減されれば自然とプレイ時間も伸び、
モバイルバッテリーが必要になってくると思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました