タスクバーは左側配置が最適解?

ソフトウェアとか

こんにちは、外出規制で暇なとらいろです。

初期設定では下側配置のタスクバー。左側が最適解だと思ったので記事にします。

スポンサーリンク

左右配置のメリット

大抵のディスプレイは縦幅より横幅のほうが長いです。

そして文章を読むときは縦に読む人が多いはず。

つまり縦幅は貴重です。

そんな縦幅をタスクバーで使ってしまうのはもったいない!

左右に配置したほうがいい。

左側配置のメリット

Windowsの場合、

この3つのボタンはウィンドウの右上にあります。

もしタスクバーを右側に配置してしまうと、閉じるボタン「×」をクリックするときに誤爆の可能性が高まる

そう考えると、左側のほうがいいとなるわけです。

デメリット

人に自分のPCを使わせたり逆に使わせてもらったりしたときに、慣れない配置だと困惑します。

これはカスタマイズの宿命です。

自分も慣れないうちは困惑します。

現在時刻を確認するにも、ディスプレイ内の時計は右下ではなく左下にあるわけですからね。

でも慣れたら快適、US配列のキーボードと同じです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タスクバーの横幅もうちょっと狭くできるだろ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました