CHUNITHMにおすすめの手袋はこれだ!110円で虹レを手にしろ!公式手袋との比較

夢はこの記事のタイトルを「虹レが教えるおすすめ手袋」にすることです。

はい。金レのとらいろです。

今回はチュウニズム。マイマイにもおすすめの手袋の紹介です。

CHUNITHM手袋
YHL26107

セリアで買ったよ

この手袋はチュウニズマー御用達手袋のスマホ対応版です。

手触りが手袋の白いところと黒いところで変わらなかったのでこちらを購入しました。

この手袋の特長はぴったりフィットするところですね。

はじめに装着したときはきつきつで驚いた。

後は滑るほうに分類されますね。なのでマイマイにも使えるかと。

この記事では今回紹介する手袋(YHL26107)をフィットグローブと表記させていただきます。

公式手袋との比較

フィット感

公式手袋はきつきつではないですね。

なのでフィットするのは今回紹介した手袋のほう。

着脱は容易か

着脱のしやすさは公式手袋に軍配が上がります。フィットグローブのほうは最初のうちは着脱に苦労するかと。

抵抗

抵抗は若干公式手袋のほうが少ない。これは好みの問題ですね。

値段、入手は容易か

値段は入手のしやすさは圧倒的にフィットグローブのほうが上。

公式手袋は3組1000円。1組あたり約333円なのに対し、

フィットグローブは一組110円です。

また、セリアで買うことができるので、買い足しにも便利。

見た目

後は周りにどう見られるかですね。

公式手袋はめちゃくちゃ派手デザインで音ゲー用途以外には到底使えないかと。

フィットグローブは黒に灰色の落ち着いたデザインで防寒目的で外でも使えると思います。

スマホ対応だし。

正直どっちのほうがいい?

わざわざ公式手袋を買いに行ったのに認めるのは悔しいですが、

フィットグローブのほうが指押しがとてもしやすいです。

ただ、公式手袋は周りに威嚇できるかも()

結局

手袋ってのは好みの問題です。

この記事は私の主観と手袋の特徴で構成されています。

つまりは自分に合った手袋は自分がつけてみて試すしかないです。

今回紹介した手袋はセリアで一組110円で売ってるので、手袋を試してみたい方には最適かと思われます。というか私もこの手袋使います。

ぜひ自分に合った手袋を試してとらいとと虹レを目指してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました