SwitchBotのプラグでパソコンを遠隔起動する。

スポンサーリンク

SwitchBotのスマートプラグを使用して、Alexaと外出先からパソコンを起動できるようにしました。

SwitchBotボット(アームを動かしてボタン押したりするやつ)を使用するよりも安く済ませることが出来ます。

SwtichBotプラグの紹介

サイズは思ったより大きめ。どこのご家庭にもあるキーボードの矢印キーと比較しました。

最大電力は1500Wまで。一般的なPCなら十分でしょう。

穴の右にある丸いボタンが通電/遮断を切り替えるスイッチです。

ハブを使用して、スイッチを遠隔操作できるのがこのスマートプラグの特長です。

ワットチェッカーとしても使えます。

機能を詳しく説明

プラグ単体での使用

Bluetoothを使用してスマホをプラグに接続することが出来ます。

外出先等Bluetoothの範囲外では起動することが出来ません。

ハブと一緒に使う

ネットワーク回線を使用して、外出先だろうと家だろうとスマホで起動することが出来ます。

もしハブを持っていないなら、
リモコンのついているあらゆるデバイスを操作することが出来ますので、全力で購入をお勧めします。

例えば、照明, テレビ, 扇風機, エアコンなどです。

スマートスピーカーと一緒に使う

ハブとスマートスピーカー(私の環境だとAlexa)と一緒に使うことで、

スマホを使用せずとも声で起動することが出来ます。

照明やテレビも同様です。

PC遠隔起動の手順

SwitchBotハブSwitchBotプラグを用意して、
PCに通電したときに電源が入るように設定します。

SwitchBotハブはネットワークに接続されている必要があります。

BIOSの設定をする

プラグはPCの電源ボタンを押すことはできず、「通電」,「遮断」しかできないのでBIOS(UEFI)の設定をしていきます。

マザーボードによって設定が異なるので、似たような項目を探してみてください。

私はAsrockのB450M pro4を使用しています。同じマザーボードでもBIOSのバージョンによって項目が異なる場合があります。

Advanced>Onboard Devices Configuration

Restore on AC/Power LossをPower Offから Power Onに変更

サーバー機用の設定でしょうか。この設定をすることでPC通電時に電源ボタンを押さずともPCが起動します。

SwitchBotハブとプラグをペアリング

プラグの電源ボタンを3秒間押すことでペアリングモードに入ります。

後はアプリの指示に従って進めていけば出来ると思います。

シーンを作成する

シーンを作成する際に一つ注意をしなければならないことがあります。

PCをシャットダウンさせただけでは、PCへの給電は止まりません。

プラグの電源をオフにしてからオンになるようなシーンを作成する必要があります。

「遮断->通電」というようにしないと、PCは起動しません。

Alexaで電源をつけてみる

私の家にはAlexaくんがいるのでAlexaくんに電源をつけてもらいます。

先ほど作成したシーンを実行するように設定を済まして、「Alexa、パソコン付けて!」

PCに通電し、無事電源が付きました。

PCが机の下にあり、電源ボタンを押すのがめんどくさかったので快適です。

自宅LAN外のスマートフォンから電源をつけてみる

PCのシャットダウンから大体12時間後。

外出先で、スマートフォンのアプリからPCを起動します。

WoLに挫折した者の末路です。

先ほど作成したシーンを実行します。

無事付きました。

PCを遠隔起動することが出来たおかげで、リモートデスクトップを使用して外出先から自宅PCをいじることが出来るようになりました。

他の機能

設定項目はこんな感じです。抜粋して紹介します。

スケジュール設定

スケジュール設定が出来ます。

朝の8時に自動で通電。夜の10時に自動で遮断といった感じです。

ワットチェッカー

ワットチェッカーとしても使えます。

PCにつなげている身としては普通にうれしいです。

歴代の消費量をグラフで表示できますが、今日使い始めたばかりでただの点だったので省略します。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました